戦隊もの風のロゴをイラストレーターで作ってみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ロゴを作る作業をしていて、ふと、一目でそれと分かる戦隊物のロゴにはどういう特徴があるのか気になったので、作ってみました。ポイントは立体的なシャドウと、フォントが末広がりの形になっていることの2つです。

使用したイラストレーターのバージョンはクリエイティブクラウドのIllustrator CC (2014)です。

作ってみる

まず、ブレンドオプションを設定をします。「オブジェクト>ブレンド>ブレンドオプション」のステップ数を100にします。方向はそのままでOKです。
01

文字をアウトライン化します。フォントはとにかく太いものを使うのがポイントです。
02

文字を装飾します。
04

グラデーションの色がモノクロになってしまう場合は、グレースケールになっていないか確認してください。
03

文字のレイヤーを複製します。command+Cでコピーしてcommand+Fで貼り付けすると、元のレイヤーと同じ一に複製されます。
(Windowsの場合はcommandの部分がcontrolになります。)

複製したレイヤーを「オブジェクト>アピアランスを分解」で分解します。元のレイヤーは非表示にしておいてください。
05

次に「オブジェクト>分解・拡張」で分解します。
06

次にパスファインダーでパスを合体します。
24

パスの合体まで終わったら、パスを合体した物を同じ位置に複製し、適当に縮小します。ひとまず60%縮小しました。
08

縮小したものの色を黒にします。
09

元のレイヤーの色を青に変更し、レイヤーの順番を入れ替えます。
11

二つのレイヤーを選択したら「オブジェクト>ブレンド>作成」で作成します。
12

こうなります。
13

ブレンドしたレイヤーの位置を調整します。
15

小さいレイヤーを下にずらします。
14

非表示にしておいた文字のレイヤーを表示させ、竜胆戦隊の部分の文字を装飾します。ここは黄色を使うのがポイントです。
17

文字をアウトライン化しておくと、線の位置が選べるので、外側を選んでおくと文字に線をつけるのが簡単です。
25

すべてのレイヤーを選択し、自由変形ツールで遠近変形を選択します。
26

左上の角にカーソルを合わせて変形します。
27

こうなります。
20

変形すると、シャドウの部分が間延びするので、先ほどと同じようにブレンドしたレイヤーの小さい方の位置と大きさを調整します。
21

背景が寂しいのでVマークを追加します。
22

完成です。
23

<参考サイト>
イラストレーターで文字を立体的に飛び出させるTips(2013/01/02)
歴代スーパー戦隊シリーズロゴまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*