「福島コトひらく」火曜グルメレシピ研究会主催の芋煮会に参加しました

昨日は福島県郡山市で、芋煮会に参加しました。

芋煮会は山形だけじゃない

芋煮会というと、山形県が有名ですが、私が聞いた範囲だと、南東北の、宮城、山形、福島には芋煮会があるみたいです。

福島県の会津の平野部出身の私も、芋煮会は、学校行事になっていたぐらい、身近な行事でした。

地域ごとに異なる味付け

私の地元は、豚肉と、みそ、醤油の味付けです。

昔、誰かに、「それって、外で食べる豚汁じゃない?」と言われた記憶がありますが、それが適切な表現だと思います。

昨日は、本場山形の庄内地方の味付けでした。

牛肉にだし醤油なので、私の地元とは趣が異なりますが、美味しくいただきました。

これじゃない、という感じはせず、芋煮だよね、という感じでした。

アンタッチャブルシティ、郡山

郡山というと、福島県以外の方が、どんなイメージを持たれているかわかりませんが、昔は「東北のシカゴ」の異名を取るほど、治安が悪いところだったそうです。

福島県の会津地方出身の私の個人的なイメージは、都会、ですけどね。

歴史が面白い

郡山の人は、語尾に「バイ」をつける、ということが、郡山を語るときに言われます。

郡山のバイは、なんと、九州の福岡から来ているのです。

【たわごと】言葉の不思議〜なぜ福島県郡山市民が、九州的●●だばぃ!って方言を使うのか。

戊辰戦争で負けた福島県に、全国から、開拓団がやって来て、開拓したのが郡山、ということでいいんでしょうか?

全国的に見ても、こういう都市の成り立ちは珍しいのでは?

北海道は、アイヌ人の土地だったところを開拓しましたが、ある程度、共通の文化がもともとあった所に、内乱後に、入植者がきて、街を作った、という成り立ちって、近代日本で、他にあるんでしょうか?

私は、昨日、帰りの新幹線で、ざっとこの辺りの歴史を調べて、俄然、郡山に、興味を持ったのでした。

郡山は、街を歩くと、本当に独特なんですよね。

郡山市の、味、というか、雰囲気の独特さはもっと注目されてもいいような気がします。

恵子 古川さん(@rindouwebdesign)がシェアした投稿 –

会津地方にしても、大学の頃に住んだ福島市にしても、歴史のある場所なので、落ち着いた感じがするのですが、郡山市は、浮遊感があるというか、東京から2時間なので、行ってみてください。

中島美嘉さんが出ていた、テレビ版の私立探偵濱マイクが好きだったのですが、あの世界観に近い気がします。

映画のロケなどで使ったら、街の雰囲気だけで、ストーリーの完成度が高まるんじゃないかというぐらい、郡山の醸し出す雰囲気はすごいと思います。

松田聖子さんやチェッカーズや、浜崎あゆみさんにタモリさんを輩出した、福岡のDNAが、やっぱり郡山にはある気がします。

なんと言っても、東京から2時間でいけますからね。

複雑な背景がある土地なので

郡山には郡山の難しさがある。というのは、何人かに伺ったことがあります。

なのですが、そこまで大きなビジネスをする訳ではなく、個人レッスンなので、ということで、毎週土曜日、レッスンを開催させていただくことにしました。

ワードプレス個人レッスン【2時間コース・郡山市】初心者〜中級者

個人レッスンなので、確実にホームページを作りたい方はぜひ、ご利用ください。金曜日は会津若松市の「ココカラ」で開催します。

ワードプレス個人レッスン【2時間コース・会津若松市】初心者〜中級者

この記事を書いた人

古川 恵子

都内でワードプレスのレッスンを行なっております。
2017年前半は約50名にマンツーマンレッスンをさせていただきました。

ワード、エクセルが使えるレベルの方から、本格的なカスタマイズに挑戦したい方までご利用いただいております。

福島県でのレッスンも開催中です。