Jimdo寄りのWordPressとでも言うべきconcrete5というCMS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私のホームページ制作の為の市場調査をしていて、私がターゲットに考えている層にはJimdoが割と人気なのかなということで、Jimdoを少し試してみました。Jimdoを試してみた結論として、concrete5がいいのかなと思ったのでそのことと、インストールを試したので、その手順について書きます。

Jimdoとは

JimdoはKDDIウェブコミュニケーションが日本で展開している海外発のホームページのサービスです。自分でホームページを作ってみたいという人にお勧めです。サーバーを借りずに会員登録をするだけで気軽にホームページを開設できます。

最近、Jimdoを使った「みんビズ」というサービスが2014年9月30日で提供終了するということで話題になりましたが、そこそこ昔からあるサービスです。首都圏であれば、Jimdoカフェという、専門家に制作の相談ができる場もあるようです。

まるでワードを編集するように、ホームページを視覚的に、レイアウトを変えたり項目を追加できるという、作り方が特徴です。

concrete5とは

Jimdoと同じように視覚的に編集できるホームページです。ホームページです。というと語弊がありますが、Jimdoと同じようなことができるツールです。Jimdoとの違いは、サーバーを借りる必要があることです。サーバーを借りる必要があるという点と、無料でインストールしてカスタマイズできる点がWordPressと同じです。

なぜconcrete5がいいと思ったのか(金銭面)

Jimdoを試してみて、本当に一番最初のお金がないときに、自分で作ってみるのにはすごくいいツールだと思います。ページの構成を考えたり文章やメニューを少しずつ追加していくこともできます。でも、例えば、サイドバーにメニューを追加しようとか、スマホ対応をきれいにしようとか、デザインをプロっぽくしたいとなったときに、技術面、金銭面とも突然ハードルが上がる感じがしました。

まず、サイトをきれいにするには、5万円位で専門家がJimdoのサイトをきれいにしてくれるサービスがあります。それでサイトをきれいに作ったら、おそらく、広告を消しましょうということで、これまでの無料プランから、年額11,340円のプランか、年額28,980円のプランを契約することになると思います。

専門家に5万円で作ってもらったサイトに、さらに年額11,340円の維持費用というのは、長い目で見ると高くつくんじゃないのかなと思います。

例えば、専門家に6万円でconcrete5のサイトを作ってもらえば、Jimdoと同じように何年も自分で作り変えながら長く使って行くことができます。concrete5は最初から広告が入っていないので、広告を消す為に年額11,340円も払う必要がありません。サーバー代は必要ですが、安いプランを選べば、初年度は初期費用が1000円ぐらいからかりますが、月額200円代からの維持費で済みます。

なぜconcrete5がいいと思ったのか(技術面)

Jimdoで致命的だと思ったのは、ブロックをサイドバーに追加するときに「メニュー」という項目がないことです。ナビゲーションをつけるときに、タグを理解しないと出来ないし、体裁を整えるのは、さらに高度な知識が必要になります。concrete5だと、メニューが追加できます。

concrete5はアメリカでできたサービスで、日本語版は有志メンバー concrete5 Japan Users Group がボランティアで開発しているそうです。2009年から日本語版があるようなので、そろそろ、情報も揃ってきているタイミングかなと思います。

開発の主要メンバーの一人がWordPressにも詳しい方で、私が何かWordPressで難しいことをするときによく彼のブログを参考にさせて頂いています。すごく高度なことを理解して形にされている方なんだなあと、及ばずながら思うことと、私より若いようなので、まあ、将来性もあるのかな。ということで、間違いなさそうな気がして、concrete5をこれから使って行くことを検討しています。

concrete5のインストール

WordPressと同じように公式サイトからファイル一式をダウンロードし、サーバーにアップロードします。

あとは、アップロードしたフォルダのURLにアクセスすると、「次へ」ボタンでインストールできます。あらかじめデータベースを作っておくというところが、高い壁ですが、好きなデータベース名をつけて「作成」ボタンを押すだけなので、Jimdoを使いこなすほど、いろいろやらなければいけないわけではないです。phpMyAdminの見た目が怖いだけです。

「データベース情報」の入力を間違わなければ特に困難はありません。インストール手順はだいたいWordPressと同じです。

インストールが終わるとホームページも出来ています。画面左上のロゴのとなりの編集ボタンを押すと、Jimdoと同じような感覚でサイトを編集できます。
6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*