新しくなったconcrete5(5.7.0.4)をサーバーにインストールしてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今、concrete5 Japan 日本語公式サイトのトップページに表示されているバージョンは5.6.3.1ですが、日本語版の公式サイトでダウンロードできる最新版はconcrete5.7.0.4となっています。(2014年9月12日にconcrete5.orgにてconcrete5バージョン5.7のリリースが発表されました。)

新しくなったconcrete5

5.6から5.7にバージョンが変わった事で、concrete5が以前と比べて大きく変わったようです。まず、新しいconcrete5では、インストールと同時に生成されるサイトのデザインが新しくなりました。

【以前のconcrete5】
01

【新しいconcrete5】
02

サイトを見たまま変更できるという特徴は変わりませんが、編集画面も前よりかっこ良くなりました。裏側のシステムも変わったようです。

今回、この6年の歴史の中で最初に後方互換性を保たないことを決心しました。クリーンな状態になりたかったのです。このために、システムの大きな改革を取り入れることができました。サードパーティーのツールや PHP 自身もここ5年で大きく変わりました。我々は過去に囚われたくなかったのです。concrete5.7 では(5.6 からの)1クリック・アップグレードは無く、手動でアップグレード作業が必要となりました。しかし、そのお陰で素晴らしく新しい機能を盛り込むことができたのです。
concrete5 5.7 がリリースされました

いろいろなサーバーにインストールしてみました

ロリポップ、さくら、エックスサーバーにインストールしてみました。ロリポップ、さくらは新しいプランのお試しを契約して、新しい状態のサーバーにインストールしました。エックスサーバーは去年から使っているサーバーにインストールしました。

(2014/10/09追記)参考:ホスティング会社別インストールガイド

ロリポップのロリポプランはインストールできませんでした

設定画面は表示されるので、最後まで設定を進める事は出来るのですが、最後の画面でエラーが出ます。公式フォーラムの以下のトピックスによると、5.7.0.4ではImageMagickのメモリリーク対策を行えばインストールできるようです。現時点では出来ないという結論でいいと思います。

5.7.0.3 ロリポップ チカッパ インストール不可

さくらのスタンダードプランはphp.iniを編集することでインストールできました

concrete5をアップロードしたフォルダにアクセスするとNo input file specified.というメッセージが表示されました。これはconcrete5のエラーではなく、他のシステムをインストールするときにもでるエラーのようです。

他のシステムでこのエラーが出たときの解決方法が、php.iniにcgi.fix_pathinfo = 1を書くという方法で、これを試したらインストールできました。

参考:No input file specified.(2011/10/06)

03

エックスサーバーのX10プランはインストールできました

特に問題なくインストールできました。

(2014/10/09追記)NSFレンタルサーバはパーミッションの変更でインストールできました

ロリポップが使えない場合の同価格帯のサーバーということで、NSFレンタルサーバを試しました。インストール画面で以下のエラーが出ました。クエッションマークにカーソルを当てると、問題の箇所が表示されます。
01

以下の3つのパーミッションを777にすることでインストールが出来ました。
application/config
application/files
packages

インストール後に三つのフォルダのパーミッションを、元の755に戻しました。その状態でサイトに画像をアップロードしようとしたらエラーが出ました。application/filesのパーミッションを775にすることで画像がアップロードできました。

さくらのスタンダードプランはapplication/filesのパーミッションが755で画像がアップロードできていました。料金をとるか安全をとるかというところになるのでしょうか。

新しくなったconcrete5は使えるのか

PortlandLabs CTO の Andrew Embler 氏によるリリースにあたってのあいさつによると、まだとも言えるし、もう使えるとも言えるようです。

ちなみに私は新しくなったconcrete5で商材を作って行きます。マーケットプレイスが使えないといっても、現時点でサイトが編集できてフォームも簡単に設置できる状態なので、あえて古い方を使う必要もないと考えています。

3.マーケットプレイスは新バージョンでは稼働しておらず、サードパーティーのインストーラーはまだありません。テーマやアドオンが 5.7 対応の準備ができていないので、マーケットプレイス機能をOFFにしました。今、5.7.1でかっこ良くてセクシーになるように改善を加えています。つまり、まだサードパーティー製品が使用可能ではない現在は、Bluehost などの簡単インストールを使い、テーマやアドオンを使いこなして1人でサイトを作っている、DIY Web 管理者(1人でWebサイト全てを管理しているような人)には、concrete5.7.0 の利用開始は「まだ」とお答えします。

〜〜 中略 〜〜

5.今、新規プロジェクトがあって、ゼロからサイトを作るなら、私たちなら 5.7.0 を使います。十分に仕事に使えますし、次期リリースではマーケットプレイス機能、バグ修正、パフォーマンス向上が、9月30日に予定されています。5.7.0 で開発を開始することによって、5.7.1 で世間一般にむけて皆が準備完了するからです。

concrete5 5.7 がリリースされました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*