これから始めたい、井戸端会議提供サービスについて

今日は今後の展望について書きたいと思います。

タイトルの井戸端会議提供サービスは、数年計画で、まずは妄想から始めたいと思っています。

すぐにできる現実的な部分の話

これからすぐに取り掛かる部分としては、今まで2年ぐらいやってきた、ワードプレス個人レッスンを縮小して、ホームページ制作の比重を大きくしたいと思っています。

ホームページ制作の方がうまく回れば、稼げるようになるので、それを元手に、今度はライターさんを使って、マガジンサイトの運営を始めたいと思っています。

マガジンサイトでは福島県のことを発信していきたいので、福島県との二拠点でのビジネスについては引き続き継続します。

都内でのワードプレス個人レッスンは縮小していきますが、福島県ではワードプレス個人レッスンも展開していきたいです。

都心で始めたいワゴン車での移動式カフェ(井戸端会議提供サービス)

私は普段、都心でコワーキングスペースやカフェを転々としながら仕事をしています。

たまに場所代をケチろうと、図書館にも行きます。

都心の図書館はいつも混んでいます。若い人が全くいないわけではないけど、リタイヤ世代が圧倒的に多いです。

これは、他のカフェに比べてコーヒー代が安いドトールでも言えることです。

都心の公共スペースやドトール、他にも、スーパーに併設された飲食スペースなどでも見られる現象です。

そういう場所で時間をつぶしている方は、会社員時代は、それなりに優秀だったのではと思うのですよね。都心に家を買えるぐらいですから。

でも今は、人と話すこともなく、一人で前を向いて、そういう場所で時間を潰すだけの人生になってしまっているということです。

私が今住んでいる地域では、独居の老人の問題があるみたいです。都心なのですが、買い物難民の問題もあるのだとか。

目指すは中華圏の公園

そこで、彼らの居場所を作るために、公園にワゴン車の移動式カフェを出したいなと思っています。

カフェでは、将棋盤とオセロ盤とトランプを1時間100円で貸し出します。

どれも一人ではできないものなので、誰か一人が100円を出せば、お金がない人でも楽しめるというわけです。

ビジネスとしてやるので、少額でもお金を取ることは大切にしたいです。

イメージでしかないのですが、中国の公園では、老若男女が好きなことをして時間を潰しているイメージがあるので、日本の公園もそういう風に、人が集まる場所にしたいというのが、最終目標です。

収益化について

ゲーム盤を貸し出すだけでなく、コーヒーやお弁当などを販売することで収益化したいです。

と言っても、移動式カフェが、どのぐらい稼げるかなどはまだ調べていなくて、そんなに期待もしていないので、マガジンサイトの運営など、多角的な展開をして行くことで、移動式カフェ自体でそこまで収益が上がらなくても続けたいというのが今の考えです。

私自身は、体力にも自信がないし、一日中、同じ場所にずっといるだなんて、想像するだけでも耐えられないので、ワゴン車に実際に乗るのは、そういうのが向いている人に任せたいと思います。

私の住んでいる地域だと、小さな公園やスペースというのは、歩ける範囲内にいくつもあるので、各駅に1箇所ぐらいずつは配置して、どこにでもいるワゴン車にしたいと思っています。

何十台で、一箇所に固まらず、公園を定期的に回るようなサービスにしたいです。そこまで浸透すれば、そこをハブにして、いろんな展開ができると思うので、そこまで行けば、このサービス単体でも利益が産めるようになることでしょう。

各都市や田舎でも、フランチャイズ方式でコンビニのように展開して行けたらなおよしです。

甘酒を売りたい

これは、私が都心で通勤していた頃から、なんとなく頭にあることなのですが、通勤のサラリーマンに向けて、甘酒を売るサービスもやりたいと思っています。

ワゴン車が公園に行く前の通勤の時間は、サラリーマン向けの店舗に早替わりしましょう。

通勤前のサラリーマンに甘酒を売りたいのです。

すでに今でも、甘酒ではないですが、都会の駅にはミキサーで作ってくれるフルーツジュースのスタンドをよく見かけます。

栄養補給ができていないから、そういうのが必要とされているのですよね。

イメージでしかないのですが、東南アジアのように、朝食を提供する屋台のような物を想定しています。

甘酒は福祉施設で製造

1杯150円の甘酒は、福祉施設で製造したいと思っています。

甘酒という、全く別の形に変わるので、古米を使って、利益率を上げることで、労働者を守りたいです。

高級な甘酒は、酒蔵に任せます。

やりたいことはたくさんあるのですが、まずは目先のことで、とりあえずは、しっかりお金を稼げるようになることですね。

この記事を書いた人

古川 恵子

都内でワードプレスのレッスンを行なっております。
2017年前半は約50名にマンツーマンレッスンをさせていただきました。

ワード、エクセルが使えるレベルの方から、本格的なカスタマイズに挑戦したい方までご利用いただいております。

福島県でのレッスンも開催中です。