原宿開催のローカルクリエイターマルシェに参加しました

昨日は原宿で開催されたこちらのイベントに参加しました。

オンラインサロン「ローカルクリエイターラボ」の大学生が主催したイベント

ところで最近、インターネットを通したコミュニケーションのとり方で、オンラインサロンという形態が、普及し始めています。

SNSの次はオンラインサロンです。

そう言い切っていいのかわかりませんが、SNSはこれから、よりクローズな方向に向かっていくというのは、言われているので、サロンはそういった流れの先にあるものとは言えそうです。

昨日は、数あるオンラインサロンのひとつである、ローカルクリエイターラボの中で活動する大学生主催のイベントでした。

私はサロンには入っていないのですが、サロンメンバー以外も参加できるイベントなので参加しました。

地元の名産品を持ち寄って集まるイベントでした

それぞれに、地元の名産品を各自持ち寄って、楽しい時間を過ごしました。

私は何をもっていったかというと・・・、何も持たずに参加したのですが、持たずに参加もOKだったので、大丈夫でした。

福島県で、特に私は会津出身で、となると、難しいんですよね。日本酒とか、野菜とか、気軽に持っていける感じではないというか。

次回は、会津のはちみつを持っていこうと思います。

今回も、東京都国立市のジャムや香川県のパセリのペーストなど、パンにつけて食べるものを持ってこられた方が2人いたので、私も次回ははちみつにします。
 

参加者は若い人が多かった

大学生率が高かったです。主催者も含めて、半分近く学生でした。

そんな中、彼らより干支一回り以上も年上の私もいたわけですが、意外と楽しく過ごせました。

ローカルクリエイターラボの小幡さん&林さんのトークセッションはさすがに面白かったですし、若い人、と、いっても、やっぱり地方をなんとかしていこうと思うような人たちは、しっかりしておられますね。

一応、自己紹介で私は、「皆さんより年上だから気を使ってください(笑)」と言ったのですが、壁を作られることもなく、居心地の悪さは感じませんでした。

若者に向かって年長者が、気を使うな、というほうが無茶だ、というのを若い頃に感じていたので、こういう場合、立場をはっきりさせておいたほうがいいのかなと思ってそのように自己紹介をしました。

地方創生会議を福島に持ってきたい

なぜ、今回のイベントを知って参加したかというと、トークセッションでお話されたローカルクリエイターラボの小幡氏が、地方創生会議の人だからです。

注目度の高いイベントで、2017年、2018年と高野山で開催されています。

彼のツイッターをフォローしていたことで、今回のイベントを知り、小幡氏も参加されるということで、参加しました。

一番の目的は、彼に名刺を渡して、福島県で地方創生会議をやりたいことを話すことだったのですが、それも無事遂行できました。

それもありつつ、第二回があったらまた参加したいような、楽しい時間でした。

主催の香川県と東京の大学生の女の子二人には、お疲れ様とありがとうという気持ちです。

この記事を書いた人

古川 恵子

都内でワードプレスのレッスンを行なっております。
2017年前半は約50名にマンツーマンレッスンをさせていただきました。

ワード、エクセルが使えるレベルの方から、本格的なカスタマイズに挑戦したい方までご利用いただいております。

福島県でのレッスンも開催中です。