2011年製造のMBAにOS X El Capitan‎をインストールした話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2011年に製造されたMac Book AirにOS X El Capitan‎をインストールしたら、いろいろと具合が悪くなりました。クリーンインストールしたら問題なく使えるまでに復活しました。

2011年製造のMac Book Airと、去年買った展示品のiMacにOS X El Capitanをインストールしました

iMacの方は、今までのアップデートと同じように、とくに不具合は起きず、アップデートできました。快適に使っています。ライブ変換が便利ですね。

しかし、2011年のMac Book Airはそうはいきませんでした。アップデートを後悔し、Yosemiteに戻したい、どうしよう?というピンチになりました。

2011年のMac Book Airで起きた不具合

  • WiFiの接続はできるのですが、ページの読み込みなどが異常に遅い
  • Sublime Textで入力した文字が表示されるまで異常に時間がかかる
  • 起動して1分ぐらいすると本体からコォーという音がしてくる
  • 電池がみるみる減っていく
  • App Storeに接続できない

クリーンインストールしたら新品かと思うような使い心地になりました

こちらの記事を参考にOS X El Capitanをクリーンインストールしました。

OS X El Capitan(エルキャピタン OSX 10.11)をクリーンインストールする方法

今、2011製造のMac Book Airで快適にブログを書いています。ライブ変換もバッチリです。

フォトショップ、イラレも、問題なさそうです。Sublime Textも使えるようになりました。

しかし、次に私が買うのはWindowsマシンになる予定です

長年Windowsユーザーだった私が、Macで作業をするようになって数年経ちました。作業環境をこれからWindowsに戻すことは、今の所考えていません。

でも、女性起業家をメインターゲットに仕事をしている私なので、Windowsの感覚を忘れるのはまずいのです。

本当は、レティーナディスプレイのマックの方が欲しいのですが、しかし、次はWindowsのノートパソコンです。

iPhone並みにMac Book Airが普及してほしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。