2012年製造のiMacが速くなったたった一つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2012年製造のiMacが、El Capitanへのアップデートや、動画を編集するためにアフターエフェクトをインストールしたことで動かなくなったけど、回復した話です。

私のiMac

スペックはこんな感じです。スペックというものが、よく分からないのですが、こんな感じです。
プロセッサ 2.7GHz Intel Core i5
メモリ 8G

一昨年ぐらいに、展示品で安くなっていたので買いました。2011年製造のMac Book Airよりは高性能のはずです。

2011年製造のMac Book Airより、動きがもっさりしている気がしましたが、展示品だからかな、それともiMacだからかな、ぐらいで気になるほどではありませんでした。

El Capitanにしたからなのか、アフターエフェクトをインストールしたからなのか

最近、どうにもならないぐらい遅くなりました。

El Capitanにアップデートした時、2011年のMBAは、寿命を迎えたのかと思うぐらい動かなくなりましたが(クリーンインストールで復活)、その時は、iMacは持ちこたえたかに見えました。

その後、アフターエフェクトで動画を編集するようになって、それから、症状が悪化した気がします。

クリーンインストールでは直りませんでした

MBAが、クリーンインストールで、新品同様の早さになったので、iMacもクリーンインストールしました。

しかし、あんまり効果がありませんでした。何度も再起動して、その度に、少し動きが回復するのですが、少し作業をすると、だんだん動かなくなってきます。

Finderを再起動したら全てが解決

ターミナルでFinderを再起動する方法を試したら、動きが良くなりました。最初からもっさりしていたので、買った時より快適になった気がします。

参考にしたブログがどれだったのか、見つけられないのですが、似たようなことを紹介しているブログがありました。ターミナルを使わなくてもできるようです。

【Mac操作】Finderの調子がおかしい時はお手軽にオプション+長押しで再起動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。