カスタムフィールドのプラグインはCustom Field Templateに回帰しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投稿画面で、入力欄を追加できるCustom Field Suiteや、構築時に、直感的にフィールドを追加できるAdvanced Custom Fieldsが便利だと思って使ってきましたが、最近、Custom Field Templateがやっぱりいいのかなと思っています。

入力欄のカスタマイズは、Custom Field Templateが柔軟

htmlとcssで入力フォームを設定できるので、フォーマットを柔軟に構築できます。

ワードプレスのカスタムフィールドの関数で値を出力できる

Custom Field SuiteやAdvanced Custom Fieldsは独自の関数でカスタムフィールドの値を表示させるのですが、Custom Field Templateはget_post_metaで出力できるので、独自の関数を覚える必要がありません。

Advanced Custom Fieldsなども、get_post_metaで出力できたはずですが、画像は独自の関数でないと出なかったような気がします。

Custom Field Templateは画像を表示させる時は、wp_get_attachment_imageを使います。

Custom Field Templateのカスタムフィールドに値があるかどうかを判別して、画像を出力するときは、このように書きます。

カスタム投稿タイプのプラグインもCustom Post Type UIにしました

カスタム投稿タイプはfunctions.phpに書いていたのですが、私以外の人が、そのワードプレスサイトを変更するときのことを考えると、幅広く使われているCustom Post Type UIを使うのが親切なのかもしれないと思って、Custom Post Type UIを使うようにしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。